放射能(ラドン)

岐阜県異業種交流会で、久々に懐かしい社長さんにお目にかかりました。その折に、岐阜大学の田坂茂樹教授に放射能(ラドン)の話をお聞きした。

放射能を名づけた人はキュリー夫人とのことで、発明した人はベクレルだそうなぁ~!

何を聞いても難しい話しである。(物理は昔からとぉ~ても苦手だった)

先生は放射能を測定する装置を、学生とともに研究をして作り上げ、

神岡のカミオカンデで測定をしていたとのこと!そして南極大陸に行っても測定、

このような研究は、長く地道に続けて行くものなんだなぁ~と少々違う世界を垣間見る。

今後、自分の研究してきたことが、後々生かされることを願うと結ばれた。

久しぶりに元素の周期表なるものを見せられたが、昔教科書で見たような・・・?気がする。

日本には、地道な研究を長くやっておられる方が、おられるんだと感心する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です