医療法人すずらん会 西村様


人不足のなか御社には5名お世話になってます。他社さんに比べたらスムーズにご紹介できている方だと思います。その辺りのことを。

夕方からの人は遅い時間帯になるのでなかなか来ない。朝は朝で6時からという極端に早い時間帯からですから。やはり、うまくマッチングしたフィットしたということだと思うんですよ。昼の時間帯の人は(募集を)出せば来るかなという気はするんですが。 時給を高めにしてもヒットしません。人手不足感というのはどうしてもありますよね。厨房よりも介護は特にそうですから、介護は本当に来ません。
介護専門の派遣会社は1ヶ月ぐらいでトラブルを起こす人が多いのですが、幸いにもベルさんからの皆さんはずっと長続きしてくれてるので非常にありがたいです。
何か考え方自体に違いがあるのかなと感じてしまいます。入社にあたって特別なことをされているのですか?

派遣社員としての立場だとか他の職員さんまたは他の派遣社員さんとの協調性などは話します。どのような立場で求められているのか、自分の役割という話は事前にきちんと説明をしています。

入ってくる人がそれぞれうまく噛み合っている状況だと思います。従来、厨房と介護はトラブルが起きやすい所です。例えば厨房だとご飯の炊き方ひとつでも作業者によって固かったり柔らかめだったり、クレームになりやすいのですが、厨房主任がマニュアルできちんと定めてくれているので、今のところうまく回っています。 スタッフさんも馴染んでよくやってくれているのでありがたいです。

御社の場合、休み希望を聞き、シフトを組んでいただけるところが大きいと思うんです。固定されたり、絶対に週5日(勤務)でないといけないということだと、なかなか(求職者も)飛び込み辛い。

主婦層をターゲットにするので、出られる時間帯に出ていただくしかない。勤務シフトを極端な話 A から Z まで、ほぼアルファベット全てを使ってパターン化いるような状態です。手間は手間なんですが、背に腹はかえられない部分もあって、こういう風に使っていかないと人も来ない状況です。 介護は成り手もなく、やはり3K職場ですから、しょうがないという気持ちはあります。試行錯誤でやっています。

シフトの勤怠管理をするだけでも大変ですね。

タイムレコーダーを(IC)カード式にしたのですが、システムを組むだけでも大変ですよ。御社のようにネットを使ってできればさらに良いんだけど、夜勤が絡むとなかなかうまく連動しない。24時間365日の勤務というのは労務管理が大変で、その部分で派遣はお任せできるので助かります。人の休みの管理だけなので楽といえば楽ですよね。給与の計算もしなくていいし。

結構、高齢のスタッフもお世話になっていますが。

適材適所だと思うんです。介護で70代の人を使おうと思うと難しいです。動きや覚えの部分でやはり厳しい。しかし厨房など ピタッとハマると長くやって頂けるので、ありがたいことに皆それぞれはまってくれていると言うことだと思います。
自前の食堂というのは結構大変で、コストは落ちますが食材の調達から全て行いますので手間はかかります。 指示書を作り、毎月厨房会議で皆が同じようにできるよう周知してなんとかやっています。皆さんきちんと意見を言われる方ばかりで、引っ込み思案な方はいないのでそれは逆に助かっています。ありがたいところです。

夏場の暑くて大変な時の夏季手当、年末年始の特別手当など大変良くしていただいて、そのあたりが励みやモチベーションになっているようです。

長くやってもらえれば、こちらもそれだけ手間が省けるのでありがたい話です。すぐ辞めていく人というのはすぐにトラブルを起こし、すぐに我を出し我を通そうとする。どの会社も今は足元を見られているような気がします。こういう状況環境になってしまったというのは、もうしょうがないのかなと感じます。
経営側の思いだけではなく、臨機応変に立ち回っていかないと、考え方を変えていかないと何も変わらないと思います。

御社は週数日の勤務の方もうまく活用されていますが、他社では「通しでないと難しい」というお声もよく聞きます。何かコツのようなものはありますか?

仕事が非常に単純だということです。一人でできる仕事、それとそれほど複雑にしない。長くまとまった時間働きたい人もいるでしょうが、そういう人は求めない。高い給料は出すつもりはない。ということでその時間その時間で切ってやって頂いています。 この状態で回せるならやってみようと言う状況です。決められた時間に食事の提供ができれば良いので、味付けについては何も言わない(食材メーカーの責任範囲なので)。その辺りだと思います。

時間を守るなど基本的なルールがあるだけということですね。

極端に言えばそういうことです。それと職員に意地悪な人がいないこともあげられます。 助け合いフォローもできているなのでスムーズに入ってこれるし、続けていただけるのかなと思います。一人前になるまでは同じ誰かにつけて、発言力のある人につけて(仕事を)覚えてもらっています。

スタッフにとって非常に心強い部分だと思います。教育の部分、指導もしっかりしていただいていますから。

厨房主任が鬱陶しいぐらいに指導しています。 正直クドさを感じる場面もあるのですが(笑)。会議での意見交換も活発です。 (普段は)一人なので、同じ職種の人が同じ時間、同じ場所で話ができる場を作ってあげないと不安でしょ。間違った方向に進んではいけないので、こちらとしても是正の場として捉えます。介護も厨房も自覚と言うか、意識をしっかり持ってもらわないといけないので。だから毎月私は会議のネタに頭を悩ませています。 そのために来てもらっているので手当も出しています。

派遣スタッフも正規の従業員さんと同じように扱っていただけて非常にありがたいです。

うちの職員も「あの人派遣だったの?」という世界なんです。 同じ環境で働いている仲間なので。

みんな意欲的に頑張っています。何か要望などはございますか?

今のままやっていただければ全然それで大丈夫です。特に良いなと思うのは「私派遣ですから」という言葉が出てこない。 そういう言葉を出して欲しくないんです。 ここまでという線を引いてやっているつもりなのでそれ以上難しいことは求めませんし、 本当に助かっています。ありがとうございます。