新型インフル

GWに入る頃からとにかく新聞・TVのトップニュースでしたね!
先週末には日本でも感染者が出て、現在では世界で34カ国・地域で約6100人が感染しているとか・・・
季節性インフルに比べると感染力は若干強いようですが、人から人に感染していく過程で病原性も強まる可能性がありワクチン製造は必須のようです。

通常の季節性インフルは世界で毎年約1000万人が発症し高齢者を中心に死者は1万人、ワクチンは年間5000万人分が製造されています。新型インフルは何分多くの人が免疫がない状態なので、通常型と新型と両方の十分な量のワクチン製造は難しい為どちらを優先するかが問題になっているとか・・・。
私は今年の初めに絶対的必要があって予防接種を初めて打ちましたが、今年も打った方が良さそうですね~(>_<)

ところでインフルのワクチンって原料は有精卵(にわとり)って知ってましたか?
1個の卵で1人分しか作れない為に原料の供給も間に合いそうにないので、コストの面でも今は800人分が作れるダチョウの卵に期待がかかっているみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です