2010年8月28日

メリットとタイミング

さまざまなメリットがございます。
雇用を柔軟に活用
なんでも正社員を採用して対応する時代はすでに終わりました。雇用システムの柔軟対応を真剣に考え、雇用の調整を図ることが求められる時代です。『必要なと きに、必要な人材を、必要なだけ』要請することができる派遣システムは便利で、人件費の固定化を避けられるというメリットがあります。

雇用責任から開放
派遣先は単に使用者であり雇用上の問題は派遣元に任せ、専ら派遣スタッフの有効活用を考えるだけ。募集と面接、付帯経費の支払い、配置行為、教育など採用にかかわる煩雑な事務から開放されます。これらは全て派遣会社の責務です。

コスト
ご存知のとおり、直接雇用された場合、給与以外のコストとしては賞与、社会保険、退職金、交通費などの諸手当、有給休暇分、また目に見えないところでは採用担当者、労務管理者の負担などが挙げられます。さらに募集の際に有料広告媒体を使えば非常に高い買い物になります。

臨時に対応
欠員補充や定期採用までのつなぎ、産休・育休等の休業取得者の代替要員など、企業にとってこれら臨時採用の場面は時々発生するもの。そうした時にいちいち直接採用するのは難儀であり、派遣会社に要請すれば済んでしまう問題です。

こんなときは是非、ご検討ください。
欠員の急場しのぎとして
派遣活用の最も古典的なパターン。たとえば4月の定期採用前に冬のボーナスをもらって退社するケース。この場合1月から3月末日までのつなぎを急遽検討しなければなりません。同様に夏季手当支給後にもこの問題は起こりえます。

季節的な業務の繁忙期に
業種によっては季節的な業務の繁閑が生じるケースがあります。たとえば百貨店の中元・歳暮のシーズン。経理などでいえば決算時の補佐として派遣を活用するケースもあります。

新卒女子の代替要員として活用
新卒女子の定期採用を控え、その分を派遣で対応する動きが見られます。女性社員の戦力化を考えた場合、一般職は外部から導入しても良いのではないかという考えが根底にあります。

プロジェクトチームの一員として
新規事業の為にチームを組むときも派遣はたびたび使われます。入力、ファイリングなどは期間限定的に活用するメリットがあり、チームを解散するときに派遣契約が終了するように計画すればコスト高になりません。

OA機器の新機種・新ソフト対策として
技術革新は日進月歩であり、常用社員の育成では時間的にもコスト的にも割高になりがち、という点から専門オペレーターを社内で育成するよりも人材派遣を活用する企業が多数あります。

リストラ後の固定費抑制として
常用社員の人件費を固定化させないため、業務の分析を行い、外部人材で対応可能な業務は派遣対応しようという考え方が増えています。