2010年8月28日

職業紹介のご案内

(クリックで拡大)

派遣でお仕事を探されている方ばかりではありません。

また、左図を見ていただくと現在、派遣やアルバイト(いわゆる非正規雇用)でお仕事をされている方達も正社員志向が非常に強いことが見て取れます。(出所:独立行政法人 経済産業研究所-「派遣労働者の生活と求職行動に関するアンケート調査」PDF)

正社員のクチが無かったから仕方なく・・・という声もよく聞きます。
もちろん、唯一の選択肢として人材派遣のご活用をいただく派遣先様が多いのですが、もし以下に該当するようでしたら、この職業紹介をご検討いただくのもひとつです。

  • 社内でも核となるポジションに就いて欲しい。(幹部候補)
  • 最初から長期雇用になることが分かっている。
  • 抵触日、政令指定業務、偽装請負・・・派遣法はヤヤコシイ。
  • 社内で正社員vs派遣という構造が出来上がるのが嫌。
  • 派遣はどうしても外部人材のイメージが拭いきれず、機密保持の点で心配。

正社員で。という求職者のニーズは間違いなくあります。(積極的に派遣で働きたいというニーズに比較して)あとは求人企業様のニーズと合致するかどうかという点のみです。

『派遣でなくてはならない=直接雇用はしない』という明確な理由が無ければ、考えられる比較対象は下表の通りです。

採用手段の比較
メリット デメリット
広告(新聞、雑誌、web) プランによっては安価
広く告知できる
(媒体のブランド見極め必要)
非公開には向かない
費用対効果が掴みづらい
面接選考に時間コストが発生
ハローワーク 無料である 即時性無し
応募者に偏りあり
職業紹介 完全成功報酬(無駄なコストなし)
採用に係る業務の大幅カット
非公開での採用が可能
候補者に限りがある



貴社の中途採用の場面において、職業紹介によるサービスは採用業務の省力化とコストの面から十分お役に立てると考えます。

採用費のリスクが無い当サービスを是非、ご検討ください。
(お問合せは今すぐ。)