2010年8月28日

情報の取扱い

スタッフの皆さんが派遣先で業務を遂行する上で、企業の機密事項や、個人情報などにふれる機会があります。これら情報に関する下記の取扱規範を遵守してください。

公私のけじめをつける
* 派遣先企業より貸与されたE-mailアドレスで私用の送受信をしない。
* 派遣先企業の情報機器を用いて、私用のホームページ閲覧をしない。
* 派遣先企業のパソコンには私用のデータを保存しない。

守秘義務を果たす
* 派遣先にて業務に従事する上で知り得た商品企画・技術・技能・営業等、企業経営に関する一切の情報は、 第三者に漏洩してはならない。
* 業務上取り扱う資料類は、無断で複製・複写したり、外部に持ち出してはならない。
* 派遣先での勤務期間が終了した後も、守秘義務は継続して果たす。

情報システム及び電子データの取扱
* 派遣先企業より社内情報システムアクセス用IDを貸与されている場合は、独自のパスワードを設定すること。また、適宜変更し、紙媒体等に記述しない。
* ファイルのバックアップを随時行い、その記録媒体等を指揮命令者が指示する所定の安全な場所に保管する。
* コンピュータ・通信機器及びソフトウェアの導入またはインストール、更新、撤去等を行う場合は、指揮命令者の指導の下で行う。
* システムの異常や不正アクセスを発見した場合は、速やかに指揮命令者に連絡し、指示に従う。

個人情報保護・・・個人情報記載文書及び電子データの取扱
個人情報は、企業の情報の中でも特に注意して取り扱わなければなりません。
またその形態には文書(各種書類、電子データ)、口頭等様々な形があります。
ここでは、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏洩防止を目的とした注意事項を記載します。

* 業務上知り得た顧客や社員の個人情報(氏名・電話番号・住所・生年月日・E-mail アドレス・その他プライバシーに関わる情報)は、勤務期間内外に関わらず、一切漏洩してはならない。また、私的に利用してもいけない。
* 業務上、個人情報を収集・利用する必要がある場合は、指揮命令者の指示に従い、その目的・収集範囲・利用範囲を明確にし、適法かつ公正な手段によって行うものとする。
* 個人情報記載文書は、指揮命令者の指示に従い、保管・廃棄する。
* 個人情報を記録した記録媒体等は、定められた、保安上安全な場所に保管する。
* 個人情報を含む電子データをバックアップの目的以外で、フロッピーディスク等持ち出し可能な記録媒体に保存してはならない。