何十年ぶりでしょうか?

久方ぶりに、京都南座で歌舞伎を観ました。

芸術を勉強している一環として、美術館巡りもさることながら、

伝統文化も肌で感じるようにしている。狂言であったり、文楽であったり・・・

昔、若かりし頃見た歌舞伎の印象は、何となくなじめず面白くなかった記憶がある。

今回は、当代人気の若手4人衆の通し狂言、「小笠原騒動」を観た。

中村橋之介・中村勘太郎・中村七之助・片岡愛之助、など多数、

歌舞伎がこんなに楽しいものだと、再発見した。(年をとったということなのかな? )

特に橋之助がいい(演技に深みがある) 七之助の女形もいい(女より、女らしく美しい・・・)

とこんな具合に伝統文化の粋を体験しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA